読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねとねとねとはのねとねと日記

現実と想像とマンガ

漫トロピー⑨

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~これまでのあらすじ~

私の名はねとは。漫画を読むことに人生の意義を見出す種類の人間である。

ときは大学の3回生時。周りにはあまりその種の人間がおらず、そういう意味においては孤独を感じていた。

同好の士と知り合いたければ、大学にはサークルという素晴らしく便利なコミュニティがある。

そしてどこの大学でもそうであるように、京大にも漫研は存在していた。

しかし漫研は漫画を”描く”人たちが集まるサークル。私には適さない。

“読む”専門のサークルが無いものかと探し回ったが、結局京大には存在していなかった。

そんな折、二つの偶然が重なった。

一つは、高校の同窓生と「再会」したこと。彼はある意味において特殊な人間であった。

もう一つは、その年初めて訪れた年末のコミケで、東大の『TMR』という漫画読みサークルを「発見」したこと。

この二つの出来事と私のちょっとした思い付きがスパークした。結果、先ずは高校時代の友人に呼びかけ、自らサークルを立ち上げることと相成った。

サークルの名は『京大漫トロピー』。

これまで、その結成に至るまでの経緯を書いてきた。

以下からは、そのサークルの立ち上がりの様相、いわば<始動篇>なるものを記述していきたいと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

3月5日。漫トロピー第二回の会合は、京大ルネではなく、丸太町ガストで開かれた。

皆の時間の都合で、深夜のファミレスにせざるを得なかったのだ。

当然皆ヒマな大学生なのであるが、特に忙しくもないのに結局、深夜に集合となってしまう。それがヒマな大学生の残念な特徴なのだ。

新入生もまだおらず、皆顔見知りの我々であったが、既に漫トロというサークルが興っていたからには、サークル活動として、漫画を持ち寄って漫談を行うというもの。

ガストのテーブルの上に、所狭しと漫画を積む我々一同。

その中には堂々と、快楽天や成人漫画の姿もあった(※事実として記録ノートに残っている)。

周囲を気にしないという善かれ悪しかれな漫トロの習癖が、当初から存在していたわけである。

この行動がキモいかキモくないかは、まったく、他者の判断に委ねられるし、そもそもキモいかどうかなど、問題にする必要は無いのだ。それがヒマな大学生の残念な特徴なのだ。

 

さしあたり我々は、最近読んだ漫画や、各自オススメの漫画の話などに花を咲かせた。

いま思えば、まだモヤモヤで具象化していなかったサークルの空気感を、手探りで形作ろうとしていたのだろう。けれど、それは無意識下で行われたことだった。我々はただただ、好きなことをしていただけであり、自然と収まるところには収まり、形成されるものは勝手に形成されるのだ。

そもそもサークルとして、漫画読みが「集まる」こと自体に既に意義があるのだ。

意識して同好の士として集まろうとしない限り、基本的には漫画読みは孤独な存在なのだ。

もちろん、これは漫画に限らず、様々な趣味嗜好に敷衍して言えることなのだろう。それが、コアであればあるほど。

そういうわけで、我々は顔を合わせて適当に漫画の話をする、それだけで楽しかったし、結果的に自然とサークルの雰囲気は醸成されていった気がする。

 

そんなふうに新歓の前に、サークルの具体的な活動あるいは雰囲気を形作るというのも、我々にとって大事な作業だったが、もちろん、迫りつつある4月の新歓にも目を向けなければならない時期でもあった。

さしあたって新歓で大事なことは何か? それはビラ撒きだろうと単純に考えた我々は、早速ビラを作ることにした。

 

さて、この段階でサークルのメンバーは5人だった。

一体新入生はどれだけ入ってくれるのか。そもそも一人でも入ってくれるのか。

最悪の場合、始動と同時に瓦解するのでは無いか。

いやいや、一人も入らなければ、我々だけで細々と活動していくだけのこと……。

当時は漠然とそんな風に考えていたと思う。

何はともあれ、このビラが今後を占う重要な役割を果たす!

 

しかし、入念に計算してそのビラを作成したのかというと、適当な我々がそんな緻密な行いをするわけがなく、もちろん、その場のノリで「これええやん」といった感じで、パパッと作った。往々にしてこの世の中、そういった直感が意外と成功するものだ。

どんなビラかというと、たまたまRex(※今後人名はハンドルネームを使用する)が持ち込んでいた『未来日記』のとあるコマを利用したものであった。

著作権的に微妙かもしれないので、ここではあまり詳細は語らないが、『未来日記』のヤンデレヒロインであるところの由乃ちゃんが、「殺すわよ!?」というセリフがあるコマを利用した。そこにちょいと我々が「え? 漫画読んでない?」と頭に付けてやれば、ほら、立派なビラの完成である。しかし、漫画を読んでなければ殺されるなぞ、まったく、理不尽な話この上ない。

その絵に付属して、我々メンバーのステータスとして、好きな漫画や漫画家、雑誌などを、ビラの下半分に羅列していった。会員A:アフタヌーン冬目景敷居の住人……会員B:ヤングマガジン華倫変……云々、のような感じである。

このビラは、ガストを後にしたあと、皆でRexの家に赴き、徹夜で作ったのであった。

 

《続く》