読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねとねとねとはのねとねと日記

現実と想像とマンガ

現実的な日記2

現実

朝。枕の横にはニワトリがいる。

ニワトリは笑っている。永遠に。

起きる。冷蔵庫を開ける。取り出して飲む。

座る。人差し指を押し込む。観る。押し込む。消す。

寝る。

 

昼。枕の横にはニワトリがいる。

ニワトリの笑顔は剥がれない。永久に。

起きる。冷蔵庫を開ける。取り出して食べる。

座る。全ての指を押し込む。観る。押し込み続ける。消さない。

寝ない。

 

夕方。外に出る。

立つ。読む。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

マガジンの新連載の『川柳少女』は良いキャラを開発できて偉いなぁと思った。

ギャグも滑ってなかったし、話のテンポも良かったし、ヤッタネ。作画も前作みたいにゴチャついてなかったし。面白かった。

vector ball は、今週の話は、物語の要素を既存の方程式に代入した結果みたいなもので、つまり予定調和だった。

他いくつか読んでるけど、何読んだか忘れた。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

歩く。降りる。歩く。買う。戻る。昇る。歩く。買う。

疲れる。

しかしその疲れが自尊心につながるのだ。疲れを知れ!

帰る。

 

行って、帰る。

これすなわち、物語の基本の一つなり。

そして僕は全ての指を押し込むのだ。