読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねとねとねとはのねとねと日記

現実と想像とマンガ

現実的な日記11

完全にやらかしてしまった。

便所が詰まったのだ。

いや違う、便所じゃない。便器が詰まったのだ。

 

現世の日本人は、大きく2つに分けることができるという。

すなわち、便所紙を少なめに使う人間と、そうでは無い人間だ。

私は後者に分類される人間だ。

だから気を付けていたはずだった。その日(昨日)までは。

 

私はアンニュイなふんいきを一人で漂わせつつ、考え事をしながら、自宅の洋式便器の上に座っていた。

人間が最も自由になれる場所、それは便座の上。と、昔習ったことがある。

密室での解放。それはカタルシスであり、完璧な自由そのものなのだ。

しかし、私はあまりにも自由になりすぎていたらしい。

完全に油断してしまっていた。

 

そう。コトは済ませたし、ブツは流れた。

そして紙をふんだんに使った。さぁ、フィニッシュの時間だ。

ざまあみろ、てめェは流されろ。貴様は流されるために生まれてきたのだ……。

あるいは少々私は、便器や便所紙に対して傲慢過ぎたのかもしれない。

トイレの神様の怒りを買ってしまったのかもしれない。

 

ゴボッ、ジャー・・・ジャー・・・・・・・・・ゴボ・・・

・・・・・・・・・・ゴボゴボ。ゴボッ。

シ~ン

 

!?

どうして戻ってきた!?

お前はあの世に送ったはずだ。

あるいはお前は、冥界からの使者なのか?

あるいは私を地獄に叩き落とさんとする、悪魔なのか?

私は混乱した。これは夢では無いかと思った。その現実を直視するには、あまりにも便水が溢れすぎていた。

 

しかしすぐに私は自分を取り戻した。

こういうこともあろうかと、トイレのスッポンを常備しているのだ。

以前も似た様なことがあった。あの時、私はスッポンを武器に、勝利を手にした。

てめェもあの世に送り返してやんぜ。

オラァ!!!

 

ズッ、ポン、ズッ、ポン、ズッ、ポン……ズッポンズッポン………

……………………………………

シ~ン

 

!?

おお神よ、なぜ私にこんなにも酷い仕打ちをお与えになるのですか。

ムゴい、あまりにもムンゴい。ムーンゴリラ……アア……。

ムーンゴリラムーンゴリラ。

なぜ流れない!?

発狂スレスレで、ズッポンズッポン繰り返す私。変わらない便水量。

世界を成立させている結晶の欠片が、確かにそこにはあった。

便器と私はある意味において、ズッ友だった。

しかし永久に便器と戦ってはいられない。

ここは一つ、休戦といこうではないか。

 

一時間待ち、ズッポンズッポン。

二時間待ち、ズッポンズッポン。

三時間待ち、ズッポンズッポン。

変わらない便水量。

オアアアアア

 

結局4時間ほど、休憩も含めてだが便器と格闘し続けたことになる。

映画2本分の時間を、便器に対して払ったのだ。

ウコンの代償としては、大きすぎた。

しかもまだ流れない。いや、ウコンは流れたが、ペーパーが詰まりっぱなしだ。

なんでなん? ペーパーって、水に溶けるように作られてるんちゃうのん?

 

そこで配偶者は私に告げた。

朝まで待ちなさい、と。

うん、ねとは、わかった!

 

翌朝、変わらない便器の姿がそこにはあった。

シ~ン

 

もうどうしようも無いので、マンションの管理会社に相談した。

窓口のお姉さんは、優しく、丁寧に応対してくれた。

お姉さんは世界の優しみの一部を担う存在だと思った。

結論を言うと、高圧洗浄を用いるなら4万くらいかかるかもしれないと言われた。

私は白目を剥いた。ウコンに4万……。

しかし、とお姉さんは言った。ズッポンのプロに頼むだけなら、1万程度でいけると思う、と。

……私は……ズッポンのプロに頼むことにした……。

 

夕刻、プロはやってきた。二人組だ。彼らは闘う漢に見えた。

お手並み拝見といこうではないか。

 

プロは、私が用いていたスッポンを手に取り、作業に取り掛かった。

ズッ、ポン、ズッ、ポン。

それでも便水は流れません。

やはりプロでも無理なのか……そう思った矢先、彼の目が光った。

ズッ、ズドドドドドドドドド!!

ゴボッ、ゴボゴボゴボ、ザァー

 

流れた! 同じ道具を使ってるだけなのに、流れた!

これまでの私の努力はなんだったのか!

スッポンって、これほどまでに強力な兵器だったのか!

スッポンって、そういう風に使うんや! スンゲェ~!

私は白目を剥いた。

 

プロは颯爽と帰っていった。

請求書は後日送られてくるという。

 

私は、安心して便座に腰掛けた。

今夜は良いウコンが出そうだぜ……。

 

最後に、良い子のみんなにこの話の結論を教えて差し上げよう。

便器を笑うものは便器に泣くということと、スッポンは兵器と考えて用いよ、ということだよ。

この2つを覚えて帰ってね。ねとはとの約束だよ。