読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねとねとねとはのねとねと日記

現実と想像とマンガ

現実的な日記4

現実

気管支炎でくたばっていた。

今もややくたばっている。

インフルエンザだと思っていたら、それにしては不自然なくらい、症状が続いていた。

39度を超えるときつい。超えなくてもきついが。寒気が。倦怠感が。襲い来る。

神よ。

なぜ私にかような試練をお与えになるのですか。

みたいなことを寒気で震えながら思っていた。

 

アヒルのピーちゃんたちは避難させていた。

だって、最初はインフルだと思っていたから。

鳥インフルエンザになったら困るでしょう?

そうじゃなくても、ピーピーうるさいから、風邪のときは迷惑になる。

ごめんね。ごめんねピーちゃん。人間のエゴだね。

 

ウマは近くに置いておいた。

ウマは破魔の力を宿しているから。

ウマインフルエンザなんて聞いたことなかったから。

ウマは僕を守ってくれたろうか?

 

結局一週間以上はオフトゥンの中。

漫画だって読む元気無い。

生きるために死んでいた。

それが不健康。不健康は健康のためにある。多くの場合は、だが。

 

ああ、ああ。恨みがましく、ピーちゃんたちがこちらを覗き込んでくる。

アヒルは人間のエゴを看破する。

今書いてるこの文章も、覗き込まれている。

じゃあこの文章を読んでいるあなたも、覗き込まれているよ。

我々はアヒルを見るし、見られている。

 

怒ったアヒルは、寝ている間に鼻と口を塞ぎにくるから注意せよ。

注意せよ。注意せよ。

だからこれからアヒルのご機嫌取りよ。

 

あんたの隣にアヒルはいるか。