読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねとねとねとはのねとねと日記

現実と想像とマンガ

現実的な日記11

完全にやらかしてしまった。

便所が詰まったのだ。

いや違う、便所じゃない。便器が詰まったのだ。

 

現世の日本人は、大きく2つに分けることができるという。

すなわち、便所紙を少なめに使う人間と、そうでは無い人間だ。

私は後者に分類される人間だ。

だから気を付けていたはずだった。その日(昨日)までは。

 

私はアンニュイなふんいきを一人で漂わせつつ、考え事をしながら、自宅の洋式便器の上に座っていた。

人間が最も自由になれる場所、それは便座の上。と、昔習ったことがある。

密室での解放。それはカタルシスであり、完璧な自由そのものなのだ。

しかし、私はあまりにも自由になりすぎていたらしい。

完全に油断してしまっていた。

 

そう。コトは済ませたし、ブツは流れた。

そして紙をふんだんに使った。さぁ、フィニッシュの時間だ。

ざまあみろ、てめェは流されろ。貴様は流されるために生まれてきたのだ……。

あるいは少々私は、便器や便所紙に対して傲慢過ぎたのかもしれない。

トイレの神様の怒りを買ってしまったのかもしれない。

 

ゴボッ、ジャー・・・ジャー・・・・・・・・・ゴボ・・・

・・・・・・・・・・ゴボゴボ。ゴボッ。

シ~ン

 

!?

どうして戻ってきた!?

お前はあの世に送ったはずだ。

あるいはお前は、冥界からの使者なのか?

あるいは私を地獄に叩き落とさんとする、悪魔なのか?

私は混乱した。これは夢では無いかと思った。その現実を直視するには、あまりにも便水が溢れすぎていた。

 

しかしすぐに私は自分を取り戻した。

こういうこともあろうかと、トイレのスッポンを常備しているのだ。

以前も似た様なことがあった。あの時、私はスッポンを武器に、勝利を手にした。

てめェもあの世に送り返してやんぜ。

オラァ!!!

 

ズッ、ポン、ズッ、ポン、ズッ、ポン……ズッポンズッポン………

……………………………………

シ~ン

 

!?

おお神よ、なぜ私にこんなにも酷い仕打ちをお与えになるのですか。

ムゴい、あまりにもムンゴい。ムーンゴリラ……アア……。

ムーンゴリラムーンゴリラ。

なぜ流れない!?

発狂スレスレで、ズッポンズッポン繰り返す私。変わらない便水量。

世界を成立させている結晶の欠片が、確かにそこにはあった。

便器と私はある意味において、ズッ友だった。

しかし永久に便器と戦ってはいられない。

ここは一つ、休戦といこうではないか。

 

一時間待ち、ズッポンズッポン。

二時間待ち、ズッポンズッポン。

三時間待ち、ズッポンズッポン。

変わらない便水量。

オアアアアア

 

結局4時間ほど、休憩も含めてだが便器と格闘し続けたことになる。

映画2本分の時間を、便器に対して払ったのだ。

ウコンの代償としては、大きすぎた。

しかもまだ流れない。いや、ウコンは流れたが、ペーパーが詰まりっぱなしだ。

なんでなん? ペーパーって、水に溶けるように作られてるんちゃうのん?

 

そこで配偶者は私に告げた。

朝まで待ちなさい、と。

うん、ねとは、わかった!

 

翌朝、変わらない便器の姿がそこにはあった。

シ~ン

 

もうどうしようも無いので、マンションの管理会社に相談した。

窓口のお姉さんは、優しく、丁寧に応対してくれた。

お姉さんは世界の優しみの一部を担う存在だと思った。

結論を言うと、高圧洗浄を用いるなら4万くらいかかるかもしれないと言われた。

私は白目を剥いた。ウコンに4万……。

しかし、とお姉さんは言った。ズッポンのプロに頼むだけなら、1万程度でいけると思う、と。

……私は……ズッポンのプロに頼むことにした……。

 

夕刻、プロはやってきた。二人組だ。彼らは闘う漢に見えた。

お手並み拝見といこうではないか。

 

プロは、私が用いていたスッポンを手に取り、作業に取り掛かった。

ズッ、ポン、ズッ、ポン。

それでも便水は流れません。

やはりプロでも無理なのか……そう思った矢先、彼の目が光った。

ズッ、ズドドドドドドドドド!!

ゴボッ、ゴボゴボゴボ、ザァー

 

流れた! 同じ道具を使ってるだけなのに、流れた!

これまでの私の努力はなんだったのか!

スッポンって、これほどまでに強力な兵器だったのか!

スッポンって、そういう風に使うんや! スンゲェ~!

私は白目を剥いた。

 

プロは颯爽と帰っていった。

請求書は後日送られてくるという。

 

私は、安心して便座に腰掛けた。

今夜は良いウコンが出そうだぜ……。

 

最後に、良い子のみんなにこの話の結論を教えて差し上げよう。

便器を笑うものは便器に泣くということと、スッポンは兵器と考えて用いよ、ということだよ。

この2つを覚えて帰ってね。ねとはとの約束だよ。

 

モンキー伯爵とは何なのか①

モンキー伯爵の一日は、ツッパリから始まる。

アパート暮らしの伯爵の部屋の壁は、今やもろい。無論、最初はもろくなかった。が、伯爵が壁に向かって毎日ツッパリを行っていたせいで、今ではヒビが入っている。もうじき、壁は崩れるだろう。隣の部屋の住人は、当然怯えている。大学生である彼は、伯爵が越してくるまでは平和に、気ままに、暮らしていた。一限目をサボるのは当たり前、一日中部屋でゴロゴロしていることも、日常の一部だった。しかし今や、朝7時半キッカリに、ツッパリの振動音が彼を目覚めさせ、日ごとに増えていく壁のヒビは、彼を恐怖の竜巻へと巻き込んでいった。身の危険を感じた彼は、最近やっとのことで親を説得し、引っ越しの準備にかかった。けれども、逃げられるの先か、壁が崩れるのが先か、微妙なところだった。

ツッパリを50回行ったあとは、汗を流しにシャワーを浴びる。お風呂をためるのも忘れない。浴槽には、猿の頭蓋骨がギッシリと詰まっており、お湯が溜まると、かろうじて人間一人分くらいのスペースができる。『猿の骨湯』と伯爵は呼んでおり、彼の日々の健康に一役買っている。また、ときおり「良いダシが出ておる」とひとりごちながら『骨湯』をすすり、一人悦に浸っている。

『骨湯』から出たあとは、腕毛の毛づくろいだ。彼の皮膚が持つ、毛根という毛根は、すべてが両腕へと集中しており、その毛は超常的な能力を発揮する。武器にもなるし、アンテナにもなる。ドラゴンクエストというゲームには、「マダンテ」という、全力を消費して放つ必殺魔法があるが、実は伯爵も同じような能力を持っている。伯爵がすべての力を解放すれば、彼の腕毛は360度、射程距離は数十メートルの、殺傷ニードルを放つことができる。今まで一度だけしか使ったことのない能力で、まさしく奥の手の必殺技。目撃者は一人として、今やこの世に存在していない。

現在、伯爵が取り付けたアンテナの数は、数十人に昇る。伯爵は退屈を嫌っており、日替わりで、そのいわば”奴隷”たちを呼び寄せては、恐ろしいゲームに巻き込んでいるのだった。

《続く》

現実的な日記10

疲れ疲れのオ味噌はジュンジュン。

行きはよいよい、帰りはぐそぐそ。

疲れを癒すは信仰心。

アヒル教。

 

ピーちゃん、今日も今日とて疲れた脳。

「ピー、ピィピィ」

どうしたら疲れがとれるか脳。

「ピィー、ピィピィ」

なるほど、漫画読んでジュンジュン。

「ピー、ピィピィ」

最近はヒナまつりの最新刊読んで爆笑したよ。

「ピィー、ピィピィ」

アレはいいものだよね。

「ピー、ピィピィ」

ピーちゃん、日本語うまくなったなァ。

「ピィー、ピィピィ」

そりゃすごい。

「ピー、ピィピィ、ピピピ」

ゴブリンの群れにこっそり隠れるんだよ。

「ピピピ」

だめだよ、俺はホブゴブリンにはなれないんだよ。

「ピピピッ」

そんなこと言われてもなァ。

「ピーィ」

無理だよ、俺はFAX化なんて、できないよ。

「ピィピィ」

そりゃそうやわ。

「ピイ」

トロッコでもあれば良いのにねェ。

「ピィピィ」

ピーちゃん、難しい日本語を知ってるんだね。

「ピピピィ」

英語ではイニシエーションというらしいよ。

「ピッ」

アヒルはそこまで頑張らなくて良いんだよ。

「ピッピッ」

シャーマンキングな。

「ピー、ピィピィ」

わかったわかった。

「ビビビビビビ」

痛い痛い。

「ビビビッ」

すいませんでした。

「ピィ」

そうだね、もう、お帰り。

「ピィピィ」

また、明日。

 

あんたの隣にアヒルはいるか。

漫画ゾンビ①

漫画ゾンビの大群がショッピングモールに押し寄せてくる。

上から眺めると、その群れは、皮膚を剥いだ下にある、トウモロコシのような皮下脂肪の塊のようにも見えた。真っ黄色に染まった漫画ゾンビたちは、まだ足らない、まだ足らない、と口々に唱え続けている。ただし協調性が無く、皆ばらばらに喋っているので、それは不快を呼び覚ます不協和音でしかない。

強力なゾンビパワーの結集により、モールの入り口に設置してある防御カーテンにもヒビが入り始めた。ここのバリケードが破られるのも時間の問題だろう。

 

漫画ゾンビたちは全国の書店の漫画コーナーをあらかた食いつぶしてしまった、という情報を、先ほどラジオで聞いた。そして、第七感と呼ばれる、人間を超えて得られた漫画ゾンビ特有の感覚により、このショッピングモールにも漫画が備蓄されていることに気付いたらしい。あまり詳しくは知らないが、どうやら漫画から漂うフェロモンのようなものを、ゾンビ固有の受容体によってキャッチしているということだ。

 

数百年前に突然変異として出現した、感動をむさぼらなければ生きていけない人間の一個体が全ての大元だった。当時は感動依存症という名前で、社会的には病気として認知されていた。しかし、その人間は、感動を味わえば味わうほど、常人の数百倍のカタルシスホルモンが全身を満たし、肉体的にも精神的にも大幅に強化され、さらには繁殖力も増大していったという。これは病気ではなく進化だという通説が一般化するのには、それから数十年を要した。しかし、その問題点に気づかれた時には既に遅かった。遺伝性をもつ、この特徴は、子孫にもそのまま受け継がれ、その恐ろしい繁殖力のまま、数を増大していっていた。遺伝が進めば進むほど、その強化力はさらに増大し、ある時に超えるべきでは無い一線を超えてしまった。それが漫画ゾンビだった。

 

《続く》

現実的な日記9

ご機嫌なアヒルが3羽、ソファーの上に陣取っている昼下がり。ニーアオートマタのサントラを聴きながら過ごす昼下がり。パン屋のパン食べ、物憂げなそぶりを孤独にしてみせる昼下がり。

少し穴のことを考えてみる。

穴の下と上がつながっていたら?

小さい穴なら、小さなお子様も昼下がりを楽しく過ごせるだろう。何故って、下の穴に入れた指が上の穴から出てくるのが楽しくないわけが、ないでしょう? きっと僕でもそうやって昼下がりを食いつぶすだろう。

もう少し大きい穴だったら? アヒルサイズの穴だったら? お年寄りも昼下がりを楽しく過ごせるだろう。何故って、下の穴に突っ込んだ腕が上の穴から出てくるのが楽しくないわけが、ないでしょう? 背中が痒くなっても、それが頑張っても届かない位置でも、穴を上手に使えば、背中を掻ける。孫の手はもう必要ない。

もっと大きい穴だったら? ギアガの大穴サイズの穴だったら? 誰も楽しく過ごせないだろう。たとえ、勇猛たるあなたでも。何故って、うっかり穴に落ちてしまったら、無限に穴を落ち続けることが、楽しいわけ、ないでしょう? 加速度によって無限にエンハンスされるスピードから逃れられない。端からみたら、あなたは残像でしかないだろう。

残像と化したあなたからもまた、周りの景色も残像でしかないだろう。けれどあなた自身は自分のことを残像とは思わないだろう。自分としては確かにそこにいるんだから。

ここまで考えて、人間や社会で横行するすれ違いは、穴の残像と同じということに気づく。あるいは、主観的世界と客観的世界のズレもまた、穴の残像と同じかもしれない。残像なのは俺とお前、どっちだ? という考えを、あなたは抱くかもしれない。

恐らく、社会から振るわれる暴力の矛先は、あなたの方に向くだろう。あなたから見ればそれは理不尽そのもの。けれど、社会とはそういうものだとあなたは、とことん理解しなければならないだろう。数の大小の差分は、力、そのものとなるだろう。

力は穴を塞ぎにかかるかもしれない。穴の周りを壁で覆ってしまうかもしれない。そしたらあなたは、暗闇の中で浮遊する、ただそれだけの存在になってしまうだろう。あるいはもしも、穴の下と上とをくっつけられてしまったら? あなたはどこに存在するのか? ひょっとしたら圧縮されてしまうのだろうか。穴の中であなたは、つぶれてしまうかもしれない。長い靴下を履く前に、ギュッと靴下を圧縮する。あなたは圧縮される靴下と似た様なものなのかもしれない。あるいは靴下以上に圧縮され、とうとう無になるかもしれないし、無限大になるのかもしれない。

だから穴とは不安の象徴として機能するかもしれない。

 

そうして僕は知見を得られた。穴と残像と不安は強く結びつき、新たなるイデアを構築することになる。素晴らしき、土曜日の午後よ。